Instagramにアップした写真を、自動でFlickrの任意のsetに追加する

f:id:rio_t:20140131141944p:plain

「Facebookの画像を自動でDropboxへ保存」など、便利な「IFTTT」の使い方 : ライフハッカー[日本版]

 

以前からタイトルのことをしたい思っていましたが、面倒だったので手を付けていませんでした。が、結構簡単にできるようだったので備忘録として残しておきます。

 

 

使っているサービス

-Flickr

-Instagram

-(Mobypicture)

-ifttt

-Flickr Set Manager

 

 

1. まずはiftttでRecipeを作成します

f:id:rio_t:20140131141944p:plain

作り方は冒頭のリンク先で要領がわかると思います。InstagramからFlickrへアップロードする際にtagを付加するようにしておきます(例:Instagram)。

 

 

2. 次にFlickr Set ManagerでFlickrにアップされた写真を自動でsetに追加するように設定します

重要なのは、

-「Set Type」のAutomatically update each dayにチェックをいれること

-「Text Filters」のFilter by tagsに付加したtagと同じ文字列を追加しておくこと

です。「title and Description」のSet nameなどは適当に。

すでに1.の手順を終えていれば、tagの付加された写真がInstagramからFlickrにアップロードされているはずです。その状態でPreviewを押すと、その写真が表示されると思います。表示されればsetを作成して終了です。

 

これでInstagramに写真をアップするとFlickrにもアップロードされ、自動で任意のsetに追加してくれるようになります。

Twitterクライアントなどから上げた写真をFlickrにも同時にアップロードしたい場合は、連携のできるMobypictureがオススメです。MobypictureのメニューからServiceを選択すると連携の設定ができます。ここでも付加するtagを決めておけば、2.の手順を行うことでFlickrの任意のsetに勝手に写真を追加してくれるようになります。

 

 

いろいろなサービスがあるのであちこちに写真が散らばりがちになりますが、設定しておけばFlickr1つに集約できるのは便利ですね。Picasaでも同様のことができると無料でほぼ無限に写真をストックしておくことができてとても便利だと思うのですが(FlickrだとProアカウントがないといろいろと面倒なので)どうなんでしょうか。