読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPad miniでRAW現像環境を(Lightrooom mobile編)

f:id:rio_t:20161017094813p:image

クリエイター向けソフトとサービス | Adobe Creative Cloud

 

これまでiMacでやっていたことを少しずつiPad mini(以下iPad)でできるような環境を整備中です。その第一弾として、iPadでRAW現像をできる環境を整えてみました。

 

 

以下のような環境を整備していきます。

  1. RAWをiPadに取り込み、iPad上で現像しjpgでカメラロールに出力
  2. カメラロールの写真をGoogle Photoに同期
  3. 現像したRAWは、現像時の設定ごとAdobeクラウド経由でiMacと同期
  4. RAWをこれまで通り外付けHDDで管理

 

 

1.RAWをiPadに取り込み、iPad上で現像しjpgでカメラロールに出力

Lightning - SDカードカメラリーダー - Apple(日本) - Apple(日本)

カメラはオリンパスE-M1で、写真はjpg+RAWで記録しています。上記カメラリーダーを使用すると、どの形式でiPadにファイルを読み込んでいるのかよくわからないのですが、Lightroom mobileで確認するとRAWがきちんと読み込まれていました。速度的にはiMac+外付けHDDに読み込むよりも早いような気がします。

 

f:id:rio_t:20161017101709p:image

Lightroom mobileのインターフェイスはデスクトップ版のそれとはだいぶ異なりますが、できることはほとんど変わらないようです。Uplightを使用する場合など、細かい調整が必要な場合にはデスクトップ版を使用する必要があると思いますが、基本的にはiPadで完結できそうな感じです。Lightroom mobileの使用感については下記の記事が参考になりました。

iPad Pro用の「Lightroom for iOS」が超絶便利になってた件、RAWを現像して即時公開も可能に(笠原一輝) - Engadget Japanese

 

jpgへの出力は少し時間がかかっていたと思いますが、そこはiPadの性能に依存する部分になると思います。出力される際の解像度は「できるだけ高く」を選んだ場合、4,608×2,592でした。

 

 

2.カメラロールの写真をGoogle Photoに同期

f:id:rio_t:20161017104712p:image

Google フォト - 思い出を何枚でも保存、見たいときにはすぐに見つかる

最近はiPhoneやE-M1で撮った写真を全てGoogle Photoにアップロードして管理しています。アルバムを作成したり他の人と共有したりするのに非常に便利です。起動しておけば自動でバックアップをしてくれますし、今の解像度であれば容量無制限で使用できるのもポイントです。

Lightroom mobileでjpgに書き出すとカメラロールに保存されるので、書き出した後はGoogle Photoのアプリを起動しておくだけです。

 

 

3.現像したRAWは、現像時の設定ごとAdobeクラウド経由でiMacと同期

f:id:rio_t:20161017111055j:image

RAWと現像時の設定は自動でAdobeのサーバーに同期され、Lightroom CCにも同期されます。 Lightroom mobileもLightroom CCも起動すると自動的に同期を始めるので、特に意識することはありません。

ひとつよくわかっていないのは、RAWをクラウド経由で同期できる容量の上限は何GBまでなのかということ。何枚か写真を同期してみましたが、2GBのストレージが使用されていることになっていませんでした。

ファイルストレージの使用状況は、以下のアプリで確認できます。

Adobe Creative Cloud

Adobe Creative Cloud

  • Adobe
  • 仕事効率化
  • 無料

 

 

4.RAWをこれまで通り外付けHDDで管理

f:id:rio_t:20161017112845j:plain

Lightroom mobileから同期した写真は、Lightroom CCではこの場所に表示されます。

このままだとiMac本体のストレージにRAWが保存されっぱなしになってしまうので、外付けHDDに移動します。

 

f:id:rio_t:20161017113222j:plain

ドライブ名"Photo"が外付けHDDになります。Lightroom CCのカタログは日付ごとの管理になっているので、ここにフォルダを作成します。

 

f:id:rio_t:20161017113427j:plain

あとはドラッグアンドドロップでフォルダに移動すると、iMac本体のストレージから外付けHDDに写真が移動します。

 

 

旅行中など、意外と出先で時間があり「この時間に現像できちゃうと楽だな」と思うことが多くあったので、しばらくはこの組み合わせで使ってみたいと思います。